少子化社会に見られるバイト

日本はデフレ経済からなかなか脱却できず、サラリーマンの収入が非常に伸び悩んでいます。そのため、結婚適齢期の世代の成婚率も年々低下の一途を辿っています。そのことが原因で生涯で子供をもうける人数も非常に少なくなっており、少子化問題が深刻なのです。子供が減り人口が減ると言うことは様々な所に歪が起こることは言うまでもありません。生産活動に従事する人が必然的に減少するので、ますます日本は奇異的な状況を迎えることになるのです。こうした状況下で特徴的なバイトも目立つようになっています。遺品整理や介護などの仕事が多く見られるようになっています。子供がいない独居の高齢者は必然的に自分の介護を他人に依存せざるを得ません。また自分が亡くなった時も、誰も遺品整理をしてくれる人がおらず、こうした遺品整理を赤の他人に託さざるを得ないのです。また永代供養をしてもらうにも他人の手に委ねなければいけない状態でもあるのです。