効果的なビタミンC

笑顔

古くから高い美白効果をもたらす成分として、ビタミンCが挙げられます。ビタミンCは、レモンなどの酸っぱい食べ物に多く含まれるものですが、この成分は肌に使用することにより、メラニンの生成抑制、還元に高い働きをもたらすのです。美白化粧液には、このビタミンCをさらに効率よく肌細胞に吸収させるビタミンC誘導体が多く含まれています。ビタミンC誘導体は、使用することにより肌のくすみやシミの原因となる肌のメラニン量を低減させることができるため、雪のように白く美しい肌を手に入れることができるのです。他にも、ビタミンCにはコラーゲンを生成させる効果も保持しいています。コラーゲンは保水性の高い成分であり、肌の弾力や保湿性を保つ成分です。日の光に含まれる紫外線を、このコラーゲンがもたらす保水成分がバリアの役割を果たすことで、紫外線によるダメージを軽減させることができるため、シミやくすみといった問題も起こりにくくなります。ビタミンC誘導体はこの効果的なコラーゲン生成も促してくれるため、シミの原因であるメラニンを還元させるだけでなく、分泌されることも効果的に防ぐという二つの効果で、高い美白効果をもたらしてくれるのです。

本来、ビタミンCとは水溶性であり、熱などにも弱い脆弱な構造を持っている成分です。ビタミンCそのものでは肌に馴染ませても構造が壊れてしまうため、高い効果をもたらすことは難しいものです。そこで利用されるようになったのが、ビタミンC誘導体です。安定した構造体であるため、肌に塗布することで確実な美白効果をもたらしてくれるのです。近年美白美容液のなかでも高い効果をもたらすとして話題となっているのが、新型ビタミンC誘導体と呼ばれるものです。この成分は、より肌への浸透性を高める作用があるため、ビタミンCによるメラニン生成阻害の効果に加え、肌に潤いをもたらすコラーゲン生成作用も肌の深層にまで届かせることができるのです。美容成分にとって浸透性は必須であり、肌に吸収されない成分は塗布したとしてもある程度の保湿効果しか与えられないものです。しかし、浸透性を高めたこうした新型ビタミンC誘導体のような成分を使用することで、塗布するだけでも肌全体へ高い効果を与えることができるでしょう。