メラニンの抑制

洗顔

肌に現れるシミは紫外線の影響によって現れるものですが、このシミは紫外線から肌を守るために、体から作られるものなのです。シミの原因となるのがメラニンと呼ばれる色素であり、この色素が肌に多く作られることにより、肌が浅黒く変化するようになるのです。こうしたメラニンの働きは、日焼けなどが顕著であり、強い紫外線から体を守るため、肌を黒くすることで色素に紫外線のエネルギーを集中させ、肌細胞を守る働きがあるのです。日焼け跡は時間が経過するとともに消えるものですが、加齢による代謝の低下や劣化した肌細胞はこのメラニンの分解を行なうことができなくなります。結果として肌の一部分にメラニンが残留したままとなり、肌に現れるシミが作られてしまうのです。このようなメラニンはメラノサイトと呼ばれる場所で作られるものですが、このメラノサイトの働きを抑えることで、シミが作られる事を防ぐことができます。美白美容液の中には、こうしたメラノサイトの活性化を抑制する成分が含まれている製品があるため、利用することで肌を効果的に白くすることができるでしょう。

メラノサイトを抑制する成分として、利用することができるのがカモミラETと呼ばれる成分です。カモミラETはメラノサイトが細胞内で増殖することを防ぐと同時に、メラニンを作り出す働きも抑制することができるため、利用し続けることでシミが顔に現れる事を防ぐことができます。また、肌全体が紫外線によって黒くなることを防げるため、このカモミラETが含まれた美白美容液を利用することで、夏の紫外線にも負けない、白く美しい肌を維持することができるでしょう。美容液を肌によく馴染ませ、奥まで浸透させることにより、肌を守る保湿効果とともに確かな美白効果が得られるでしょう。